スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

自殺とマスコミ

定期的に、未成年が自殺することによってマスコミが騒ぐ風潮があるようで。


私としては、自殺という行為自体がいいこととも悪いこととも思わない。

ヒトという動物が、自分に与えられた生命を自ら放棄する。
その行為自体、完全に自由なものであり、価値をつけること自体が無意味である。

だから、死にたいヤツは勝手に死ねばいいとも思っている。
死んじゃダメ、と気軽に言えるほど責任も持てない。


とはいえ、気分のいいものではない。


特に、冒頭で述べた風潮には一種の恐怖感さえ覚える。


よくマスコミは「どうして自殺を防げなかったのか」というような表現をするが、
私からすれば、マスコミがそんな風にして取り上げるから、
いつまで経ってもこういった風潮がなくならないのではないか、と思ってしまう。
タマゴが先かニワトリが先か、というようなカンジではあるが。


未成年というのは中途半端に打算的で、
「自殺をすれば自分をこんな目に合わせたヤツを苦しめられる」
というような浅はかな考えで自殺しようという思いが、おそらく少しはあると思う。
マスコミという巨大な援助攻撃があれば、その破壊力はなおさらである。

つまり、自殺を手段として考えていやしないか、ということ。

あまりにも巨大な武器を簡単に手に入れられるという錯覚のせいで、
自分が死んだらそんなことだって意味がない、という事実を見失ってはいないか。



例えばある子供が自殺をすると、
いじめをしていた周りの生徒が悪いだの、体罰を加えていた教師が悪いだの、
それに気づかなかった親が悪いだの、すぐ犯人捜しをしたがる。

そうではない。犯人などいない。犯人は自殺した本人自身だ。

環境がそうさせたというのなら、世の中の犯罪者はみんな環境のせいだ。


どこかの校長だか教育委員会だかが、
「自殺といじめの因果関係はない」と言って総スカンを食らっていたが、
私としては間違っていないと思う。

自殺は自殺、いじめはいじめである。

いじめが悪いというのなら、それは改善しなければならないだろう。
ただそれは、自殺したから、ではない。
いじめが存在するからである。
自殺してようがしてまいが、悪いというなら改善しなければならない。

決して自殺を手段やきっかけにしてはいけない。

それこそが、本当に自殺を防止する方法なのではないか。



まぁ、平和ボケしてくると、
そもそも自然の摂理っていうのは競争社会の上に成り立ってるっていう大前提を忘れて、
ちょっとでも競争に負けそうになるとすぐリタイアしたくなっちゃうんだろうね。

競争のない社会なんて存在しやしないのに。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。