スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

法の下だけは平等

日本国憲法 第14条1項

「すべて国民は、法の下(もと)に平等であつて、人種、信条、性別、
社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」



別に憲法の話をするつもりはない。

が、簡単に「平等」という概念の話をば。


平等には、「形式的平等」と「実質的平等」という概念があるとされている。

「形式的平等」は、機会を平等に与えようという考え方。
例えば、3人で宝石を発掘する場合に、道具はみんな平等に与えて、
あとは見つけた人が全部自分のものにできる、という考え方(に近い)。

「実質的平等」は、結果を平等にしていこうという考え方。
例えば、3人で宝石を発掘する場合に、道具はみんな持ってたり持ってなかったりだけど、
とにかく最後はみんなで同じだけ分け合おう、という考え方(に近い)。


他にも平等の概念はあるのだけど、別に憲法学の話をするつもりはないので。


では何の話がしたいのか。



あるべき社会の姿はどちらなのか? ということ。



共産主義とか社会主義とか資本主義とか、そーゆー話のつもり。
あんまり詳しくないので深堀りはしないけど。



本当に本当の意味での実質的平等が実現できるのであれば、
それがいいようにも思える。

なぜか。

結局、「努力した人間が報われる」というのは才能がある人間の身勝手で、
才能のない人間が血のにじむような努力をしても、
少し本気を出した才能のある人間に簡単に負けてしまうのが世の中である。

もしものすごい性格がいいのにものすごいブスだった場合、
ほとんどの男性は同じくらい性格がいい美人を選んでしまうのである。


そうじゃない、という人間がいるなら、大声で言ってやりたい。

この大嘘つきが!

あるいはド変態である。だってほとんどの男は美人を選ぶもの。



それなら、才能の有無にかかわらず、みんなに同じ結果を与えてあげればいい。
(仮に、それが可能だとして)

人より頑張った人には、それだけの達成感や満足度が得られるよ!





…ムリがある。


純粋な実質的平等というのは、非常に無理がある話なのである。

もちろん、頑張った甲斐がない、ということもあるかもしれない。


それ以上に、「同じ結果」という概念に無理がある。

みんなに100円ずつ配れば、「同じ結果」か?


例えば、小食の人が満腹感を得られるご飯の量では、大食漢の人は満足できない。
それでも、満腹感なんて指標はあいまいすぎるため、
結局お金なり、何らかの代替物でまかなうしかないのである。



それに、ものすごい性格がいい美人であっても、
みんなからちやほやされた挙句、理想が高すぎてなかなか幸せになれず、
逆にものすごいブスでも、みんなからひどい目に遭わされた結果、
たった1人の大切にしてくれる人と一緒になれば本人は幸せかもしれない。



つまり、結果なんかどうなるかわかんないんだから、
とりあえずルール(=法)だけは変な言いがかりで不当な扱いだけはしないようにして、
あとはなるようになるのを見守るようにしましょう、ってのがあるべき国の姿だと思う。


その理屈で言えば、例えば生活保障だとかってのは「優しさ」だけの制度なわけで、
本来もらえるはずのものを職員の不正や怠慢でもらえないというならまだしも、
それを権利だなんだって主張するのは何かがおかしい気がする。

いやまぁ世の中そんなものなのかもしれないけど。





それにしても努力しないで幸せになる方法はないだろうか。

それとも幸せっていうのは努力の結晶以外の何物でもないのだろうか。

わからない。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。