スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

中距離移動

このところ、中距離移動が多いんです。

どのくらい中距離かといえば、10~50km程度。普通電車に乗って1時間から2時間程度。


だもんで、1時間くらい同じ電車に乗りっぱなしってことが多いんです。

座れればいいんですが、座れないとなかなか地獄。
普通電車だから指定席なんて当然ないですし、
ラッシュ時なんて最初から最後まで座れないことも多々。

ただ座れないだけなら、まぁしかたないな、と思えるんですが、
一番イラッとするのは、自分が座ってる人の前で空くのを待ってたとき、
30分くらいしてあとから乗ってきた人の前に座ってた人がたまたま立って、
運よくその乗ってきたばかりの人が座っちゃうとき。あれは相当イラッとする。


そう、電車の中って「順番待ち」とか「行列」とかいった概念が通じない空間。
完全なる運の世界。


逆に、自分が座ってて、席だけは埋まってるようなときに、あとから乗ってきた人が、
他にも立てるところはいっぱいあるのに、あえて自分の前に立つとき。
あれはあれでなんか申し訳なくなる。「私終点まで降りませんよ」と教えてあげたくなる。

だから、自分が降車する駅を教えてあげられるシステムが電車の座席にあればいいのに。

自分が学生だったときは、毎日同じ時間の電車に乗って、違う学校の生徒も乗ってて、
「この制服は○○駅で降りる」とわかってたから、その人の前で待ったりしたけども。


なんかうまい仕組みはできないもんだろうか。



電車の中で立ちながらそんなことばかり考えている27歳男子。もうすぐ28歳になります。いぇーい。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。