カテゴリ:生きる の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

自殺とマスコミ

定期的に、未成年が自殺することによってマスコミが騒ぐ風潮があるようで。


私としては、自殺という行為自体がいいこととも悪いこととも思わない。

ヒトという動物が、自分に与えられた生命を自ら放棄する。
その行為自体、完全に自由なものであり、価値をつけること自体が無意味である。

だから、死にたいヤツは勝手に死ねばいいとも思っている。
死んじゃダメ、と気軽に言えるほど責任も持てない。


とはいえ、気分のいいものではない。


特に、冒頭で述べた風潮には一種の恐怖感さえ覚える。


よくマスコミは「どうして自殺を防げなかったのか」というような表現をするが、
私からすれば、マスコミがそんな風にして取り上げるから、
いつまで経ってもこういった風潮がなくならないのではないか、と思ってしまう。
タマゴが先かニワトリが先か、というようなカンジではあるが。


未成年というのは中途半端に打算的で、
「自殺をすれば自分をこんな目に合わせたヤツを苦しめられる」
というような浅はかな考えで自殺しようという思いが、おそらく少しはあると思う。
マスコミという巨大な援助攻撃があれば、その破壊力はなおさらである。

つまり、自殺を手段として考えていやしないか、ということ。

あまりにも巨大な武器を簡単に手に入れられるという錯覚のせいで、
自分が死んだらそんなことだって意味がない、という事実を見失ってはいないか。



例えばある子供が自殺をすると、
いじめをしていた周りの生徒が悪いだの、体罰を加えていた教師が悪いだの、
それに気づかなかった親が悪いだの、すぐ犯人捜しをしたがる。

そうではない。犯人などいない。犯人は自殺した本人自身だ。

環境がそうさせたというのなら、世の中の犯罪者はみんな環境のせいだ。


どこかの校長だか教育委員会だかが、
「自殺といじめの因果関係はない」と言って総スカンを食らっていたが、
私としては間違っていないと思う。

自殺は自殺、いじめはいじめである。

いじめが悪いというのなら、それは改善しなければならないだろう。
ただそれは、自殺したから、ではない。
いじめが存在するからである。
自殺してようがしてまいが、悪いというなら改善しなければならない。

決して自殺を手段やきっかけにしてはいけない。

それこそが、本当に自殺を防止する方法なのではないか。



まぁ、平和ボケしてくると、
そもそも自然の摂理っていうのは競争社会の上に成り立ってるっていう大前提を忘れて、
ちょっとでも競争に負けそうになるとすぐリタイアしたくなっちゃうんだろうね。

競争のない社会なんて存在しやしないのに。


スポンサーサイト

幸福論

「幸せについて鼻ほじりながら考えてみた」ところではあるが、
今度は幸せについて本気出して考えてみたいと思う。


以前の記事で嫌っていた「幸せになりたい」女というのは、
よくよく考えれば、いわゆる恋愛体質みたいな女子で、
それはまぁ恋愛活動をがんばっちゃって、いろんな男とつきあっては、
もっといい男はいねがー、みたいな女子のイメージである。

「そりゃ幸せになんかなれねーよ、一生」と。


とはいえ、人間というのは欲深い生き物なので、
おそらく元々あった欲が満たされた時点で、
もっと満たしたい、よりよくしたい、と思うものなのであろう。

恋愛に限らず、経済活動だって何だってそうで、
だから戦争だって生まれるし、犯罪がなくなることはない。



本当の「幸せ」というのは、
ある程度自分の思い描く理想の「人生」があって、
それなりにそこに近付ければ、それ以上は望まない、
という前提の下に成り立つものである。




では、理想の「人生」とは何か、ということを考えてみたい。


一般に言われそうな「理想の人生」というのは、
スポーツ選手であればオリンピックで優勝したり、
文化人であればノーベル賞をとってみたり、
そういった名声をあげる、ということだと考えられそうである。

私は、自分で言うことでもないが、そこそこいい学歴ではあるので、
そういう名声をあげたり、歴史に残るような功績を残したりしたいし、
そういう能力もあるんじゃないか、ということは考えてはいる。

ただ、それ自体に何か意味があるのだろうか。

これらは、「欲」で書いたところでいう、「自己顕示欲」を満たすだけの行為である。



私は何か責任を果たすために生きているわけでもなければ、
何かやりたいことがあって生きているわけでもない。

「生きていること」それ自体が目的なのであり、
それは私が死ねば終わりであり、
仮に地位とか名声とか生前でも生後でもついたとしても、
それはただのおまけにすぎない。


少なくとも、私は、地位や名声が得られたからといって
「いい人生」であったとは思えないし、思いたくはない。





それでは、私の考える「いい人生」とは?


私の個人的な判断基準としては、
それなりに素敵なお嫁さんをもらって、子供を(できれば2人以上)育てて、
夫婦円満で離婚することもなく、天寿を全うできれば、
いい人生だと思う。


なぜそう思うという理由はなく、おそらく本能的にそう感じるだけのこと。

つまり、欲という面でいえば、食欲・性欲・睡眠欲さえ満たされれば、
いい人生だったんじゃないか、ということ。


他の人たちがどう考えているかはわからないけれど、
でも多くの人たちはそうなんじゃないかな、と漠然と思う。



結局、人間には動物にはない能力があるかもしれないが、
動物としての本能さえ満たされればいい人生だ、
というとなんとなく悲しいが、ヒトだって動物なのだから、
そんなものなんじゃないのかなー、と思う。



ただ、「夫婦円満で離婚することもなく」というのは、性欲ではない。
「愛情」という自己顕示欲を満たしているのだと思う。


自己顕示欲も、不特定多数ではなく、
パートナー1人に対してさえ満たすことができるのであれば、
それは「いい人生」なんじゃないかなー、と思う。





「幸せな家庭を築くことよりも地位や名声をあげることの方が大事である」とか
「結婚相手には家庭のことは気にしないで仕事を頑張ってほしい」とか
考えている人も多いだろうし、その考え方が間違っているというつもりもさらさらない。



あくまでも、「幸せになる」ためには、
実現可能な具体的な理想を描いて、努力して、その理想が実現できれば、
それ以上は望まず、現状維持に努める、というプロセスが必要なのだろう。

よりよくしたい、と願うのはいいけど、
そこには何らかの犠牲がついてくるんだよ、と。

新たな「幸せ」にいきつくまでは「不幸」のまま、だとか。

もしかするとそのプロセス自体が幸せだと考えられれば、
それが一番の幸せなのかもしれないけど。



なんにしても、
ただ「幸せになりたい」と漠然と叫んだり願ったりだけではダメなんだよ、
という、努力もしてない自分へのメッセージ。




本当のしあわせを 探したときに
愛し愛されたいと考えるようになりました
そしてあたしは君の強さも隠しがちな弱さも汲んで

時の流れと空の色に 何も望みはしない様に
素顔で泣いて笑う君にエナジイを燃やすだけなのです

                (「幸福論」/椎名林檎)

よく言われる「人間の三大欲」といえば、食欲・性欲・睡眠欲である。

しかし、よくよく考えれば、これは動物の三大欲とも思える。



さて、何回「よく」って言ったでしょう。(どうでもいい)



この三大欲は、生きる上で欠かせない欲である。

(ただし、性欲はなくても生きていけるかもしれないが、
 あくまで種の保存を「生命」の唯一ともいえる目的であると仮定した場合の話であり、
 今回の記事は珍しくエロはテーマではないので、深堀りはしない。)



一方、人間には生きる上では特に必要もないのに、
なぜだかわからないけども存在する欲がある。


そのひとつに、「表現欲」とか「自己顕示欲」がある。

要するに、自分の考えを表現したり、自分の力を示したいのである。


この2つは、似ているようで違うように思える。


「表現欲」というのは、おそらく自分の中で閉じていても構わないのである。
例えば、文を書いたり絵を描いたりして、自分が納得いく作品が完成して、
それを誰かに見せることがない、というケースが、表現欲の実現といえる。

私がブログを書いていて、自分の中で納得できる作品ができれば満足したりするし、
1人でカラオケに行って好きな曲を好きなように歌うのも、表現欲の現れ。


「自己顕示欲」というのは、要するに誰かに認めてもらいたいのである。
いわゆる「顕示」というと、私なんかは権力がある人間が偉そうにする様子が
印象として浮かぶのだが、ここではあくまで「表現」を自分以外に披露する意味。

このブログだって、単に自分の考えをまとめておきたいだけなら、
わざわざネットに公開する必要もない。
少なからず誰かに認めてほしい気持ちがあるから公開しているのである。
1人でカラオケに行って満足しても、やっぱり誰かに聞いてもらいたい気持ちもある。


これらを仮に「二大自己実現欲」と呼ぶとして、これらはやはり大事な「欲」なのである。



学校や企業などで、よく「インターネット利用上の注意」のような教育がされる。

情報流出の危険性のような話は耳にタコができるほど聞かされているにもかかわらず、
相変わらずSNSやツイッターでの情報流出事件は絶えない。

「沈黙は金」なのかもしれないが、やはりそれでは生きている甲斐がないのであろう。

問題を起こす人間というのは、大概欲に溺れた者である。
それも「三大欲」ではなく「二大自己実現欲」に溺れた結果が増えている、
というのが現代の象徴なのだろうと思える。



なんだか何が言いたいのかよくわからない記事になった。


とりあえず筆者が言いたいことは、

性欲といい自己顕示欲といい、
欲の実現に相手が必要なものを満たすことっていうのは難しいし、
実際に全然実現できてねーよ社会のバカヤロー、

っていうことです。



(なんか表現欲も実現できてない気がする)

幸せについて鼻ほじりながら考えてみた

「幸せになりたい」「幸せになります」とか言う女が嫌いだ。


そういう女は、「女子力」だとか、「女を磨く」だとかいった言葉もよく使う(と思う)。

本題とはそれるのであまり深くは書かないが、何だ「女子力」って。
おそらくその中身を聞けば、男の側からするとまったくもってどうでもいいことばかりで、
むしろそーゆーことは大っぴらに言わない方がよっぽど人として上だと感じてしまう。

いや、これはただの主観だけど。



本題。「幸せ」って何だ。


幸せには2種類あると思っている。



単発的な「幸せ」と、常態的な「幸せ」。

前者は、おいしいものを食べたとか、温泉入って気持ちいいとか、そういうもの。
「あぁ、しあわせ。」というセリフが似合うシチュエーションである。

「幸せになる」という場合の「幸せ」は、前者ではなく後者にあたる。



では、常態的な「幸せ」とは何か。

要件としては、2つあると思う。


1つは、苦しみのない状態。

迷惑をかけつづけてくる人がいるとか、絶えずトラブルに巻き込まれるとか、
そういった「苦しみ」がない状態。


もう1つは、欲求が満たされている状態。

食欲・性欲・睡眠欲に始まり、あらゆる欲求が満たされる状態こそが、「幸せ」。
うまいもん食い続けて、好きな男とセックスして、たっぷり眠る日々。
まぁそれだけじゃないんだろうけど、それありきだよね。

そう考えると、「幸せになりたい」というのは、何ともあさましい願望である。



そもそも「幸せになりたい」とは漠然としすぎている。
何でも自分の思うようにしたい、とも思える。それをごまかす言葉、「幸せ」。

まぁ100%満たされてなくても幸せと思えるのかもしれないけれど。

でも結局は、「幸せになりたい」=「欲を満たしたい」である。
大っぴらに言うことではない。


なので、私は「幸せになりたい」とかぬかす女子が嫌いだ。

(というより個人的に嫌いな女子がよく言うセリフなだけかもしれない)



逆に男としては、「惚れた女は絶対幸せにする」くらいの気概がないとダメだよね。

あくまで、女性の側が自分で言うことじゃない、っていう話なわけで。



こーゆーこと言ってるから女子に好かれないんだろうな。

いやブログ以外では控えてるつもりだけども。




それでも、最近結婚した知人女性には、ホントにいいコだったので、
つい「幸せになってね」的なセリフを吐いてしまった。ミスった。








それはさておき私も幸せになりたいんですけどどうすればいいんでしょうか



とりあえず今日のところは寝よう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。